胃カメラ・大腸カメラ

  • HOME
  • 胃カメラ・大腸カメラ

当院の胃カメラ・大腸カメラ

当院の胃カメラ・大腸カメラ
大学病院・虎の門病院で習得した診断技術

早期癌を発見するため、くまなく観察する技術に加え、微妙な色調の変化も見逃さないよう、経験を活かした精密な検査を行います。

拡大観察・NBI観察で高精度な画像

大学病院レベルの高精度な画像が得られ、かつ拡大観察・NBI観察が可能な内視鏡を使用。詳細な診断が可能です。

苦痛の少ない検査

ご希望により、経鼻(鼻を通す)胃カメラ検査や鎮静剤の使用も可能です。

同日検査や治療も可能

胃カメラと大腸カメラの同日検査や、検査と同時にポリープ切除などの治療も可能です。

胃カメラ

胃カメラとは

胃カメラとは

胃カメラ(上部消化管内視鏡)は、口や鼻から小さなカメラを挿入して、食道・胃・十二指腸(時に咽頭も)の炎症・ポリープ・癌などの病変を調べます。病変が見つかった場合は、確定診断のための組織採取(生検)をすることができます。
定期的な胃カメラ検査で、癌の早期発見の可能性が高まります。特に飲酒・喫煙の習慣がある方やピロリ菌感染の既往や慢性萎縮性胃炎のある方には、定期的な検査をお勧めします。

鼻からの検査も選べます

鼻から挿入する経鼻胃カメラは、口から挿入する経口胃カメラに比べて嘔吐反射や不快感が少ないことがメリットです(ただし画質はやや劣ります)。

>>同意書・説明・問診票ダウンロード

白色光通常観察の写真 NBI通常観察の写真 NBI拡大観察の写真
白色光通常観察 NBI通常観察 NBI拡大観察
(血管や粘膜の不整を認める)
早期胃癌(印環細胞癌)

詳細は以下のページを参考にしてください。

注意事項

検査前日
  • 夕食はなるべく早めに済ませ、遅くとも20:00以降は食事をしないようにしてください。
  • アルコールはなるべく控えてください。
検査当日
  • 検査が終わるまで食事は禁止です。飲水(水など透明な飲み物)やうがいは可能です。
  • 中断できない薬は、当日の朝6:00に内服してください。
  • たばこは吸わないでください。
  • 鎮静剤を使用する場合、事故防止のため、当日はご自身での乗り物(車・バイク・自転車)などの運転はできません。
検査後
  • 検査後、1時間程度は飲食を控えてください。
  • 経鼻の方は、検査後は鼻を強くかまないでください。
  • 組織組織採取(生検)を行った方は検査後2~3日はアルコールや香辛料などの刺激物は控え、消化の良いものを召し上がってください。

検査の流れ

経口胃カメラ

経口胃カメラ
1受付
2更衣室

着替えは不要です。ロッカーに貴重品などをお預けください。

3中待合室

プライバシーに配慮した半個室をご用意しております。

4問診

リスクが伴わないかをチェックします。

5消泡剤の服用

胃の中の泡を消して、胃壁をきれいにします。

6のどの麻酔

氷状の咽頭麻酔薬を口に入れて、なめていただきます。

7血管ルートの確保

薬による楽な検査を希望する方には鎮痛剤を投与するための点滴のチューブを腕の血管に入れます。

8検査開始、観察

鎮静剤を投与し、食道・胃・十二指腸を観察します。

9休憩

鎮痛剤を使用した方はリカバリールームでお休みいただきます。

10検査後の注意事項の説明
11検査結果の説明

検査画像をご覧いただきながら、結果を説明します。結果次第で今後の検査・治療の相談をします。

経鼻胃カメラ

経鼻胃カメラ
1受付
2更衣室

着替えは不要です。ロッカーに貴重品などをお預けください。

3中待合室

プライバシーに配慮した半個室をご用意しております。

4問診

リスクが伴わないかをチェックします。

5消泡剤の服用

胃の中の泡を消して、胃壁をきれいにします。

6挿入する鼻腔の選択と血管収縮薬と局所麻酔薬の投与

通りの良い鼻腔を選び、血管収縮薬を注入し出血を予防し、鼻の通りをさらに良くします。その後、麻酔薬を注入し、麻酔薬を塗ったチューブを挿入し、5分ほど留置します。

7血管ルートの確保

薬による楽な検査を希望する方には鎮痛剤を投与するための点滴のチューブを腕の血管に入れます。

8検査開始、観察

鎮静剤を投与し、食道・胃・十二指腸を観察します。経鼻の場合、医師との会話が可能です。

9休憩

鎮痛剤を使用した方はリカバリールームでお休みいただきます。

10検査後の注意事項の説明
11検査結果の説明

検査画像をご覧いただきながら、結果を説明します。結果次第で今後の検査・治療の相談をします。

大腸カメラ

大腸カメラとは

大腸カメラとは

大腸カメラ(下部消化管内視鏡)は、肛門から小さなカメラを挿入し、直腸から盲腸・回腸末端(小腸の肛門側の端)までの炎症・ポリープ・癌などの病変を調べます。病変が見つかった場合は、確定診断のための組織採取(生検)をすることができます。また、前癌病変であるポリープを発見した時には切除することもできます。
定期的な大腸カメラ検査で、癌の早期発見とポリープ切除が可能です。特に大腸ポリープを指摘されたことがある方は定期的な検査を勧めます。

>>同意書・説明・問診票ダウンロード

白色光通常観察 NBI拡大観察(血管が目立たない) 白色光通常観察 NBI拡大観察(整った血管模様を認める)
白色光通常観察 NBI拡大観察
(血管が目立たない)
白色光通常観察 NBI拡大観察
(整った血管模様を認める)
過形成性ポリープ(良性) 腺腫(前癌病変)

詳細は以下のページを参考にしてください。

注意事項

検査2~3日前

ひじき・わかめ・こんにゃく・きのこ類など繊維質の多い食品やイチゴ・キウイなど種子の多い食品は控えてください。

検査前日
  • 夕食は20:00頃までに、消化の良いものを軽めに摂り、早めに就寝しましょう。ご希望の方には検査食(検査前日の3食分)を販売いたします。
    サンケンクリンMO:1,100円(税別)
    クリアスルー1,100円(税別) ※増量タイプは1,300円(税別)
  • 2:00に下剤を内服をします。
検査当日
  • 検査が終わるまで、食事は禁止です。飲水(水など透明な飲み物)やうがいは可能です。
  • たばこは吸わないでください。
  • 鎮静剤を使用する場合、事故防止のため、当日はご自身での乗り物(車・バイク・自転車)などの運転はできません。
  • 汚れる場合があるので、替えの下着をお持ちください。
  • 自宅で前処置(1800mlの腸洗浄液を内服)する場合には、検査4時間前から2時間かけて飲んでください。
  • (自宅での内服に不安などある方は院内の中待合室(半個室、テレビあり)での前処置も可能です。)
  • 消化管の通過障害があると、腸閉塞や穿孔を起こす場合があります。強い腹痛や膨満感などの異変を感じたら、無理をせずご連絡ください。

大腸カメラ前処置について

大腸カメラ前処置について

検査の流れ

1受付
2更衣室

着替えは不要です。ロッカーに貴重品などをお預けください。

3中待合室

プライバシーに配慮した半個室をご用意しております。

4問診

リスクが伴わないかをチェックします。

5血管ルートの確保

薬による楽な検査を希望する方には鎮痛剤を投与するための点滴のチューブを腕の血管に入れます。

6検査開始、観察

鎮静剤を投与し、肛門から内視鏡を挿入し、腸の内部を観察します。
必要あれば、生検やポリープ切除を行います。

7休憩

鎮痛剤を使用やポリープ切除を受けた方はリカバリールームでお休みいただきます。

8検査後の注意事項の説明

検査画像をご覧いただきながら、結果を説明します。結果次第で今後の検査・治療の相談をします。

こんな症状があれば検査を

胃カメラ
  • 上腹部の痛み・胃の不快感・胸焼け
  • 喉や胸のつかえ感
  • 黒い便
  • 貧血
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 肝硬変と言われている
  • 咽頭癌・食道癌・胃癌を治療したことがある など
大腸カメラ
  • 血便
  • 便秘・下痢
  • 貧血
  • 便潜血検査で異常を指摘された
  • 大腸ポリープや大腸癌を治療したことがある など

カプセル内視鏡

小腸カプセル内視鏡検査

小腸カプセル内視鏡検査

少し大きめの錠剤のようなカプセル内視鏡を飲み込んでいただき、小腸の粘膜を観察する検査です。カプセルは約10時間かけて消化管内を進行しながら小腸の画像を撮影し、記録装置にデータを転送します。原因不明の消化管出血や潰瘍、クローン病、小腸癌などの診断を、少ない身体的負担で行うことができます。

>>同意書ダウンロード

特徴
  • 検査開始2時間後から飲水でき、4時間後からは軽い食事を摂れる。
  • 内視鏡検査と比べて苦痛が少ない。
  • 鎮静剤や鎮痙剤などの前投薬が不要。
  • 仕事や家事をしながら検査できる。

検査の流れ

STEP
01

検査前日

夕食は、遅くとも21:00までに済ませてください。たばこは吸わないでください。

STEP
02

検査当日

おなかにセンサーを装着し、記録装置(小さめの弁当箱大)を肩にかけます。

STEP
03

検査開始

カプセルを適量の水と一緒に飲み込みます。検査中の行動は自由ですが、激しい運動は避けてください。

STEP
04

検査翌日(もしくは当日夕方)

再度ご来院いただき、レコーダを回収して検査終了です。カプセル内視鏡は排便時に自然に排出されます。可能なら回収します。

STEP
05

検査結果の説明

医師が画像データを解析し、後日ご説明いたします。
注意事項
  • 病変部の治療や組織の採取はできません。
  • 食道・胃・大腸は十分に観察できません。
  • カプセルを飲み込めない方、ペースメーカーを使っている方などは適応外です。
  • 保険適用となるのは、原因不明の消化管出血・腹痛・下痢などがあり、小腸疾患が疑われる場合などです。
  • カプセルが排出されない場合、内視鏡を用いて回収を試みますが、開腹手術が必要になることもあります。

大腸カプセル内視鏡検査

大腸カプセル内視鏡検査

少し大きめの錠剤のようなカプセル内視鏡を口から飲み込み、ポリープの有無の確認など、大腸疾患を診断できる検査です。カプセルは腸管内部を通過しながら、内蔵された小型カメラで写真を撮影していきます。

>>同意書ダウンロード

特徴
  • 消化管通過による痛みがない
  • 鎮静剤が不要
  • 放射線被ばくの心配がない
  • 羞恥心や恐怖感などの精神的負担がない

検査の流れ

STEP
01

検査前日

お食事(検査食)を遅くとも21:00までに済ませて、就寝前に下剤を服用します。たばこは吸わないでください。

STEP
02

検査当日

1.5リットルの下剤を1時間ほどで服用します。

STEP
03

機器の装着

センサー、記録装置などの機器を装着します。

STEP
04

検査開始

カプセルを適量の水と一緒に飲み込みます。粘液を除去する薬なども服用します。

STEP
05

下剤の服用

1~2時間おきを目安に、1リットル程の追加下剤を服用します。

STEP
06

カプセル内視鏡回収

トイレで、回収キットを用いてカプセルを回収します。

STEP
07

検査終了

機器を取り外し、検査終了です(平均5~6時間)。

STEP
08

検査結果の説明

医師が画像データを解析し、後日ご説明いたします。
注意事項
  • 検査時間には個人差があります。
  • 当院付近での自由行動は可能ですが、激しい運動は避けてください。
  • ポリープの切除や生検はできません。
  • 腸に狭窄がある場合は検査を実施できません。
  • 保険適用での実施には条件があります。
  • カプセルが排出されない場合、内視鏡を用いて回収を試みますが、開腹手術が必要になることもあります。

エコー検査

腹部エコー

腹部エコー

これは見出しです

腹腔内の肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱・前立腺などの臓器を詳しく調べる際に利用されます。腫瘍・炎症・結石などの存在が分かります。
食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管の検査は内視鏡の方が優れていますが、体に負担のかからない検査であるため、初めの画像検査として勧められます。

>>説明・チェックシートダウンロード

頸動脈エコー

簡便に動脈硬化の診断ができる検査です。全身の動脈硬化を知る手がかりになります。

高血圧・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・肥満・喫煙者など動脈硬化の危険が高い方に勧められます。

>>説明・チェックシートダウンロード

診療時間 9:00~12:00 外来 胃カメラ 大腸カメラ エコー 13:00~16:00 胃カメラ 大腸カメラ 16:00~18:00 胃カメラ 大腸カメラ 診療時間 9:00~12:00 外来 胃カメラ 大腸カメラ エコー 13:00~16:00 胃カメラ 大腸カメラ 16:00~18:00 胃カメラ 大腸カメラ

内科おなかクリニックまで
お気軽にお問い合わせください。

pagetop