センター南駅前内科おなかクリニック|都筑区 胃カメラ 大腸カメラ ピロリ菌外来|日曜診療|花粉症・ダニアレルギーの脱感作療法

web予約はこちら

TEL:0455077522

TEL:0455077522

花粉症の減感作療法

menu MENU

当院で行う減感作療法について

イメージ

減感作療法とは、アレルギーの元となる物質(アレルゲン)を体の中に入れ、花粉症などの治療を行う方法です。最初はほんの少しからにして、次第に量を増やしていきます。減感作療法の中でも注射によるものもありますが、当院では近年健康保険が適用され比較的安全で痛みもない、舌下免疫療法というアレルギー物質を含んだ液体を舌の下に入れて治療する方法を行っております。
注射と異なり連日通院する必要もなく、欧米では減感作療法の主流となっています。

スギ花粉症の舌下免疫療法

舌下免疫療法の手順は舌下(ぜっか)、つまり舌の下に「シダトレン」というスギ花粉を含むエキスを滴下して、そのまま2分間ほどそっとしておき、その後に飲み込みます。

そのようなアレルゲンを口の中に入れるなんて、と心配に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、シダトレンはもともと注射用に使われている薬と同じ成分ですので、極めて安全につくられております。

このエキスの量を少量から始めて徐々に増やしていくと、これまで体が花粉を害のある異物として認識し、自分の体を防御するために鼻炎などの過剰な反応を起こしていたのが徐々にやわらいでいきます。

このようにアレルギー反応を起こさないように仕向けていくことで、スギ花粉症を治癒に導いていきます(なお、上記はスギ花粉症の治療法であり、その他のアレルギーには効果が期待できません)。

舌下免疫療法は時間をかけた継続的な治療が必要で、まずは2年間ほどこの治療を行い、効果を確認します。そこである程度効果の得られた方には、3~5年間の治療をお勧めいたします。

舌下免疫療法で完治するのは10~20%で、また、程度の差はありますが全体の70~80%の人に効果があるといわれています。治療の副作用(口内炎やアレルギー反応など)が起きる可能性がありますので、医師の診断のもとで行っていく必要があります。


ダニアレルギーの舌下免疫療法

花粉症のシーズン以外であったり、外出時だけでなく室内でもアレルギー性鼻炎や目のかゆみなどの症状がある方は、ハウスダスト(家の中のちり)やダニがアレルゲンとなっている可能性があります。

このうち主にアレルギーの原因となるのは、ヤケヒョウヒダニ・コナヒョウヒダニといった通称チリダニと呼ばれる種類のダニです。室内の布団や畳、カーペットなどに棲みついているそれらのダニの分泌物や糞、死骸が人間の体内に入ることでアレルギー反応を引き起こします。

ダニアレルギーの原因となるダニの数は室温や湿度が上がる夏に最も増加し、それに伴って秋から冬にかけてアレルゲンの量がピークを迎えます。これらのアレルギー体質がある場合、一年中症状が現れる「通年性アレルギー性鼻炎」となることがあります。血液検査にてダニアレルギーと診断されましたら、減感作療法薬であるダニ舌下錠の処方が可能です。現在、ダニアレルギーの舌下免疫療法についても保険適応となります。ご希望の方は当院までお問い合わせください。

減感作療法(舌下免疫療法)はどのように行うか

治療開始時期

安全性の観点から、アレルギー反応が強まる時期は避けて投与します。スギ花粉であれば、飛散が始まる直前や飛散時期に治療を開始することはできません(6~12月の間に、治療はスタートします)。ダニアレルギーについては通年で治療を開始できますが、ダニやその死骸が増える梅雨時~秋に症状が悪化しているようであれば、時期をずらした方がよいでしょう。

服用期間

1日1回、スギ花粉が飛んでいないシーズンも含めて毎日、少なくとも2年、できれば3~5年続けます。ダニ舌下錠についても同様です。

服用方法

スギ花粉を含むエキス(シダトレン)を舌の下に滴下し2分間保持、ダニ舌下錠の場合は錠剤を舌の下に1分間保持します。その後は飲み込みます。
服用の後5分間は、うがい・飲食を控えます。

健康保険について

2014年10月以降にスギ花粉症の舌下免疫療法、2015年12月以降にダニアレルギーの舌下免疫についてそれぞれ健康保険が適用されております。

減感作療法は、このような患者様にお勧めします

  • 治療期間が長期でも、アレルギー症状の治癒(スギ花粉やダニへのアレルギーがなくなること)を望む方
  • 飲み薬やスプレーをしても、症状が改善しない方
  • 飲み薬で、眠気などの副作用がひどく使用をやめたい方
  • 花粉症・アレルギー症状の薬がたくさん必要なので、減らしたい
  • 毎年花粉症・アレルギー症状に悩みたくない
  • 数年内に妊娠の希望や予定は無いが、将来的に妊娠した際に薬が使えないのが不安
  • 大学などの受験期がスギ花粉症の時期と重なるので、少しでも症状を改善しておきたい

トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ

クリニック概要

診療科目
内科、消化器内科
所在地
〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央6-1 サウスウッド3階
最寄駅
センター南駅 駅前
電話
045-507-7522
診療時間
   
9:00~12:00 外来
12:30~16:00 検査
16:00~18:00 外来

…不定期で月1回のみ予約検査
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜(不定期で月3-4回)、祝日

予約通りの進行が困難となりましたため、診察の予約制は中止とさせていただきました。
診察をご希望の際は、直接受付にお越しください。
胃カメラ、大腸カメラなど各種検査・健診につきしては引き続き予約制となりますので、ご希望の際はお電話もしくはweb予約をご利用ください。

ACCESS
読み込み中…