センター南駅前内科おなかクリニック|都筑区 胃カメラ 大腸カメラ ピロリ菌外来|日曜診療

web予約はこちら

TEL:0455077522

TEL:0455077522

ピロリ菌

menu MENU

はじめに

イメージ

現在、日本人の2人に1人はヘリコバクター・ピロリHelicobacter pylori(ピロリ菌)に感染していると報告されています。ピロリ菌の感染は、胃粘膜の慢性炎症を背景として、萎縮性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、胃MALTリンパ腫、胃過形成性ポリープなどの様々な上部消化管疾患の併発を引き起こすとされており、学会のガイドラインでも除菌を推奨しています。現在の保険診療では、胃・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃、内視鏡検査において確定診断されたピロリ関連胃炎に対する除菌しか認められていません。他の疾患でピロリ菌の検査・除菌治療を希望される場合には全額自費診療となります。

ピロリ菌は胃の中に生息している細菌です

ピロリ菌はらせんの形態をした微好気性のグラム陰性桿菌で、胃の粘膜に生息しています。胃は強酸であるため、細菌は生息できないと考えられていましたが、1982年にオーストラリアのWarrenとMarshallが、ピロリ菌が胃の中で生息していることを報告しました。
ピロリ菌はウレアーゼという酵素によりアンモニアを作ることで胃酸を中和して、胃内で生息しています。アンモニアは同時に、消化管粘膜障害の惹起とも関連しています。

年齢が高くなるほど感染率が高くなります。

感染経路ははっきりとわかっていませんが、経口感染が大部分であると考えられています。1992年に日本で行われた調査によると、若い人のピロリ菌感染は比較的少ないが、40歳代以上では約80%の人がピロリ菌に感染していました。これは上下水道の普及率が低かった時期(昭和30年以前)にうまれた世代と、それ以降の世代の差と考えられています。
ピロリ菌は主に胃酸分泌が少なく免疫力の弱い幼児~小児期に成立しやすいと考えられていますが、予防方法はよくわかっていません。ただ、小児期の衛生環境が感染に影響すると考えられ、実際にわが国では衛生環境の整備とともにH.Pyloriの感染率は著しく低下しているため、今後より減少すると予想されています。

ピロリ菌の産生物質が胃粘膜を傷害します。

ピロリ菌が感染すると胃に炎症を起こすことが確認されています。

ピロリ菌の感染診断について

内視鏡検査を伴うピロリ菌検査方法(胃粘膜の組織を採取します)

  • 培養法:ピロリ菌を培養します。
  • 迅速ウレアーゼ法:ピロリ菌がもつウレアーゼの働きで作られるアンモニアの有無を調べます。
  • 組織鏡検法:顕微鏡でピロリ菌がいるかどうかを調べます。

内視鏡検査を伴わない検査方法

  • 尿素呼気試験:呼気を採取して調べる方法です。ピロリ菌がもつウレアーゼのはたらきで作られる二酸化炭素(CO2)の量を調べます。
  • 抗体測定法:尿や血液のピロリ菌に対する抗体の有無を調べる方法です。
  • 抗原測定法:糞便中のピロリ菌に対する抗原の有無を調べる方法です。

尿素呼気試験の呼気採取手順

尿素呼気試験の呼気採取手順
【呼気採取方法のポイント】
  • 呼気採取バッグを口にあて、(鼻から)息を吸って5~10秒間程度息を止めてください。
  • その後呼気採取バッグにゆっくりと息を入れてください。
  • 息止めが苦しい場合は2~3回に分けて入れても大丈夫です。
  • 呼気採取バッグには肺の中の息を入れるようにしてください。

ピロリ菌の除菌について

一次除菌治療

2種類の抗生物質と胃酸を抑えるおくすりの3種類のおくすりを朝と夕方の1日2回1週間続けてのむことで約80~90%の患者さんはピロリ菌を除菌できます。除菌が成功したかどうかは除菌治療終了後4週間以上あけて検査をすることでわかります。当院では尿素呼気試験により除菌判定をおこないます。

二次除菌治療

1回目の除菌治療で除菌が出来なかった場合にはおくすりを変えて再度除菌治療をおこなうことが可能です。2回目の除菌治療では約90%の患者さんで除菌ができます。除菌が成功したかどうかは除菌治療終了後4週間以上あけて検査をすることでわかります。当院では尿素呼気試験により除菌判定をおこないます。

三次除菌治療

保険で認められているのは二次除菌までです。三次除菌をご希望の場合には自費診療となります。おくすりを変えて再度除菌治療をおこないます。3回目の除菌治療では約80%の患者さんで除菌ができます。除菌が成功したかどうかは除菌治療終了後4週間以上あけて検査をすることでわかります。当院では尿素呼気試験により除菌判定をおこないます。

除菌治療の副作用

除菌治療の主な副作用として以下のものが報告されています。

  • 下痢・軟便:下痢を起こしたり、便がゆるくなったりします。
  • 味覚異常:食べ物の味を苦く感じたり、おかしいと感じたりすることがあります。
  • AST(GOT)・ALT(GPT)の変動:肝機能の検査値が上がることがあります。
  • 除菌療法が成功した後に、胃酸の分泌が盛んになり、一時的に胃炎や逆流性食道炎(胸やけ)を生じることがあります。
  • 皮疹:薬剤に対するアレルギーの可能性があります。くすりの内服を中止してすみやかに病院を受診してください。

除菌療法をはじめる前に

  • これまでに薬を飲んで体調が悪くなったことのある場合は申し出てください
  • ペニシリンアレルギーといわれたことがある場合は申し出てください
  • 確実にピロリ菌を除菌するために、薬は必ず指示されたとおりに服用するようにしてください。
  • 自分の判断で勝手に薬を減らしたり、服用を中止してはいけません。
  • 過敏症(じんましん・かゆみ・発疹)や便に血が混じるようなことがあれば、おくすりを中止し来院してください。
  • 二次除菌療法の間は、アルコールの摂取(飲酒)を避けてください。
  • 稀に(0-2%)に除菌成功後にピロリ菌に再感染することがあります。

ピロリ菌除菌後にも、胃がんのリスクが完全にゼロになるわけではありません。胃内視鏡を1年に1度はうけるようにお勧めします。

クリニック概要

診療科目
内科、消化器内科
所在地
〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央6-1 サウスウッド3階
最寄駅
センター南駅 駅前
電話
045-507-7522
診療時間
   
9:00~12:00 外来
12:30~16:00 検査
16:00~18:00 外来

…不定期で月1回のみ予約検査
休診日:水曜午後、土曜午後、日曜(不定期で月3-4回)、祝日

予約通りの進行が困難となってきたため、診察の予約制は中止にしました。
基本的に来院順で親切丁寧に診察を進めます。
多少の待ち時間はご了承ください。
診察の受付開始は午前8:50、午後3:50から開始します。

ACCESS
読み込み中…